毛ジラミ症とは、「シラミの一種である毛ジラミが、陰毛に寄生する性感染症の1つ」です。

 

毛ジラミは昆虫の部類なのですが、飛んだり跳ねたりはしない昆虫で、寄生する原因は性行為による感染が一般的となっています。

 

毛ジラミは、何かのきっかけで飛んできて寄生を始めたという事ではなく、毛を伝ってやってくるんです。

 

一度毛ジラミに感染すると、長期戦での駆除になるというこを頭に入れていてください。

 

それでも、少しでも早く確実に毛ジラミを駆除したいと考えているあなたと、どうしたら解決するのか一緒に考えていきたいと思います。

 

毛ジラミの感染を防ぐ方法はあるの?

 

不特定多数との性関係を避ける事

 

毛ジラミが寄生しないようにするには、どのようなことを気をつければいいのか考えていきましょう。

 

毛ジラミの感染率が高いのは、性行為の時です。

 

不特定多数との性的接触はとても危険なことですから、陰毛を処理しておくなどの方法をとることがオススメです。

 

風俗店へ行くことが多い方は、かなりの注意が必要ですし、毛ジラミだけではなく、他の性病に感染するリスクも大きいのが心配ですよね。

 

一番いいのは、信用できるパートナーだけとの性行為のみにしておくことですね。

 

とはいえ、パートナーがすでに毛ジラミに感染しているとう事もあるので、気が抜けないというのも事実です。

 

 

どうしても毛ジラミに感染したくないと考えているのなら、陰毛をこまめに処理することで、感染の確率も下がると思います。

 

最近は、メンズエステも充実してますし、男性でも陰毛処理している人が多いようなので、恥ずかしくない事です。

 

毛ジラミは少しの毛でも寄生しますから、中途半端に処理するのではなく、キレイにこまめにが大切です。

 

陰毛だけではなく、お尻の毛などにも寄生するようなので、陰毛だけを処理したとしても100%感染しないという保証はないですね。

 

毛ジラミだけの為に、メンズエステで脱毛するのも時間とお金がかかるので、一番手っ取り早いのは、不特定多数との相手との性的接触をしないという事だと思います。

 

他人と共用して使うものに気を付ける事

 

先ほどもお伝えしましたが、毛ジラミは陰毛だけではなくお尻や陰毛に近い内ももの毛、陰部に近い毛に寄生すると聞きました。

 

陰毛を処理するのは、毛ジラミの感染予防にはなるとは思うのですが、決して油断してはいけないと思います。

 

陰毛以外にも感染するという事を忘れないようにしましょう。

 

一般的には性行為で感染するのですが、それ以外でも感染する可能性もあります。

 

例えば、他人と共有の物を使う事で、感染するケース。

 

考えてみると、共有して使っている物って意外に多いです。

 

例えば、会社で使っている仮眠用のベッド、ブランケットも該当します。

 

確率は低そうですが、睡眠に使う頻度の多いオフィスのソファなども、考えられますね。

 

毛ジラミに感染した友達の家に遊びに行き、スペースを共有する事で毛ジラミに感染してしまうという事も考えられます。

 

毛ジラミが飛び移る事はないとは言われていますが、もしかしたら布団やタオルや便座カバーなどから感染してしまうかもしれません。

 

生活しているなかで、そこまで細かく気にしていたらストレスが溜まってしまうので、知識程度に頭に入れておいて欲しいなという情報だと思ってください。

 

 

最短かつ再発しないように、毛ジラミを駆除するにはどうするの?

 

シラミの駆除だけでなく、周りも清潔にする事

 

毛ジラミは性行為だけではなく、ベッドやタオルなどを共有するだけでも感染する可能性があるとお伝えしましたよね。

 

それに、陰毛だけに限らず、体のどこの毛にも寄生する可能性があるのが毛ジラミです。

 

そう考えると、毛ジラミの駆除や再発予防が簡単にいかないという事がわかるかなと思います。

 

適当に駆除するだけではダメという事を認識することが大切で、再発させないためにもしっかりと駆除する事を心がける必要があります。

 

ベッドのシートや毛布を清潔にしておかなかったことが原因で、毛ジラミが他の部位にも広がってしまった、他に人に移してしまったということもあるでしょう。

 

他の部位に移ってしまうと、発見が遅れる可能性もありえます。

 

それにパートナーに毛ジラミを移してしまって、駆除したと思っていたのにまた移し返されてしまったなんてトラブルが起こることもあります。

 

だからこそ、中途半端な駆除をしないように心掛け、毛じらみの駆除と徹底的に掃除をして清潔にしておくという事も大切なのです。

 

もし、毛ジラミに寄生されていることが分かったら、きれいさっぱりと陰毛を全部処理してしまうのもいい方法だと思います。

 

皮膚にかじりついているシラミやシラミの卵を取り除くことはとても難しいのですが、駆除が楽になる事は確かです。

 

シラミを最後まで根気よく駆除する事

 

毛ジラミを駆除するには、専用の駆除剤を使用する必要があります。

 

一般的な駆除剤と言えば、スミスリンというシャンプーです。

 

ドラッグストアでも購入できますし、薬剤師さんに相談すればスミスリンを進められるでしょう。
スミスリンL

 

とはいっても、毛ジラミの駆除は簡単に終わる事はありません。

 

スミスリンの様な専用駆除剤を使ったとしても、完全駆除するためには、2週間はかかってしまうそうです。

 

とうのも、スミスリンではシラミの卵を殺す事ができません。

 

スミスリンの駆除の流れは、スミスリンで成虫を殺します。残った卵がふ化するまで待って、またスミスリンで成虫を殺す。というサイクルを3回~4回続けます。

 

それで、やっとシラミを完全駆除できたという訳です。

 

中途半端な駆除をしてしまうと、他の卵よりも少し遅れてふ化した成虫がまたまた卵を産み、またふ化しての負のスパイラルの入り込んでしまうでしょう。

 

こうなってしまうと、いつまでだっても完全駆除することはないと思います。

 

スミスリンだって安い物ではないですから、駆除する期間が長くなれば長くなるほど出費が増えてしまいますよね。

 

完全駆除を目指すのなら、徹底的に最後まで続けるとうことが大切なのです。

 

 

シラミの卵も駆除できるシラミンを使う事

 

理想的な毛ジラミ駆除は、1回で駆除が完了することですよね。

 

一般的に使われているスミスリンでは、それが不可能ということが分かっていただけたかなと思います。

 

駆除剤を使っているのに、卵が駆除されず残っているのも気持ち悪いし、卵がふ化するまで待つというのも気持ち悪いですよね。

 

それに、駆除が終わるまでの約2週間ほどの間は、身の回りを清潔にしなければいけないです。

 

スミスリンを使う間隔を変えすぎてしまった事で、駆除が振出しに戻ってしまうという事も考えられるでしょう。

 

完全駆除するまでに時間がかかってしまうという事は、他人に感染させてしまう可能性も残っているということですし、再発の危険も気にしなくてはいけません。

 

徹底的に毛ジラミを駆除したいのであれば、シラミンというシラミの卵まで殺虫効果のある駆除剤を使う事をオススメします。

 

シラミンローションの特徴は、天然成分なのに成虫はもちろん卵まで駆除できるという事です。

 

卵がふ化するまで待つ必要がないので、より確実に短期間でシラミの駆除する事が可能です。

 

シラミンローション

 

シラミンローションの特徴と使用注意点

 

シラミンはシラミの卵を駆除できる

 

シラミンの特徴は成虫だけではなく、卵まで殺せるという事です。

 

シラミンでの駆除方法は、新開発の成分のナトラム・ミューティカムでシラミの卵と成虫を脱水させ、特殊配合のミネラルオイルでシラミの成虫を窒息させるという流れです。

 

スミスリンは殺虫剤を使用しているという点に対し、シラミンは肌にも優しい天然成分だけで作られているので、子供でも肌の弱い方でも安心して使う事ができる商品です。

 

1度の使用で、駆除効果が高いというのは嬉しいですよね。

 

もちろん、念のため1回だけではなく数回続ける方がいいとは思います。

 

しかし、シラミンが確実に行きわたっていることが分かれば、毛ジラミの成虫と卵を一度に駆除することが可能でしょう。

 

同時進行で、部屋の掃除や洗濯などもしておけば、1日だけで毛ジラミから可能されるとうことも考えられます。

 

 

シラミンでも完全駆除のためには、数回使用が必要

 

成虫はもちろん、シラミの卵も殺す事は可能です。

 

だからといって、毛ジラミの駆除を1日で終わりにするのは実際にどうなのかなと思います。

 

 

というのも、毛ジラミは1ヵ所に集中して寄生するのですが、想像以上に体の表面の広範囲にわたって寄生していることもあります。

 

ローションは肌に近いところには行きわたるけれど、髪の毛にはなかなか浸透しません。

 

もしかしたら、毛の上の方にしがみついているシラミには、全く駆除の効果がないことも考えられますね。

 

 

これらのことを考えて、シラミンを使っているとしても、3回~4回使用することで完全駆除を目指してほしいと思います。

 

大抵の毛ジラミは駆除できていると思うので、予備だと思って数回は使用してくださいね。

 

 

確実に駆除するためには、パートナーも一緒に駆除する

 

 

しつこいようですが、毛ジラミの感染原因は、性行為が一般的です。

 

毛ジラミが寄生して、すぐにかゆみなどの症状が出るのではなく、1ヶ月間程度の潜伏期間があるそうです。

 

毛ジラミに感染している事に気づかず、パートナーやそれ以外の人と性行為をしたとすると、かなり高い確率で毛ジラミを移してしまっているでしょう。

 

 

毛ジラミに感染したことが分かった時点で、パートナーもすでに感染していると思ってください。

 

ですから、パートナーと一緒に毛ジラミの駆除に取り掛かって欲しいと思います。

 

自分だけの駆除が終わっていればいいという事ではなく、パートナーもしっかりと駆除しないと、再感染する可能性だってあるわけです。

 

 

毛ジラミに感染することで、不潔なイメージを持ったり、浮気を疑ったりというダメージもありますが、2人で相談して一緒に毛ジラミの駆除をしていきましょう。

 

 

シラミンシャンプーもオススメです

 

シラミンローションセット

 

最短で毛ジラミを完全駆除するには、シラミンシャンプーや専用コームも使う事をオススメします。

 

駆除した毛ジラミを洗い流すだけではなく、ティーツリーオイルやペパーミントの殺虫効果のあるシラミンシャンプーで、しぶとく生き残った毛ジラミにとどめを指す事が可能です。

 

それに加え、シラミンシャンプーに配合されている、ニームオイルという成分はシラミが嫌う匂いなので、シラミを寄せ付けない効果があります。

 

再発のリスクも下げてくるのでとても役立っています。

 

シラミンシャンプーは、毛ジラミを駆除するために必ず必要とは言いませんが、予防の事を考えると是非使って欲しいアイテムです。

 

シラミンローション・シラミンシャンプー・専用コームの3点セットが公式サイトで販売されているので、予備品として置いておく事もオススメしたいと思います。