毛ジラミと性病の知識

【毛ジラミと性病の知識】知らなかったでは済まされない!

 

性病には毛ジラミの様に症状が痒みのみという病気もありますが、性病は毛ジラミのような病気だけではありません。

 

放置しておくと不妊の原因となったり、妊娠の際に感染すると母子感染を起こす病気もあります。不妊になる病気として特に気を付けたいのがクラミジア感染症です。

 

クラミジア感染症はもっともポピュラーな感染症で女性の性感染症の約半分を占めていると言われています。

 

クラミジアを放置してしまい感染期間が長かったり感染の回数が多かったりすると子宮頸管から卵管の方まで菌が侵入し、炎症を起こすと癒着を引き起こします。

 

卵管周辺に癒着が起こると卵管が変形したり塞がるので不妊となってしまいます。妊娠している女性が知らずに性病に感染していると胎児にまで影響を与える事があります。

 

大人では軽症で済む性病でも赤ちゃんに感染すると重症化し命に関わる事や、障害が残ってしまう事もあるので妊娠したと判明した際は性病の検査もする事が必要です。

 

母子感染によって淋病が感染してしまうと淋病性結膜炎に感染し最悪の場合失明する事もあります。

 

さらに、HIVや肝炎に感染すると一生病気と向き合って今なくてはなりません。現在の医学では母子感染を防ぐ事が出来るため、対策をしっかりと行いましょう。

 

 

【毛ジラミと性病の知識】性病はあらゆる性行為で感染!オーラルセックスだけでも感染ります

 

性病はコンドームを装着せずに性行為をすることで感染しますが、感染の経路はこれだけではありません。

 

性病の中には梅毒や毛ジラミ等コンドームを装着していても感染するものやオーラルセックスによって感染が広がる病気も多くあります。

 

毛ジラミは陰毛に昆虫が寄生する事によって発生するため陰毛の接触により感染します。

 

梅毒の場合は性器の根元に発症する事が多くコンドームを着用しても感染してしまう可能性が大いにあります。
オーラルセックスによって感染する病気には淋病やクラミジア感染症等が挙げられます。
この2つの病気は感染した性器から喉に感染する他に喉から性器に感染してしまう事もあるので性行為していなくても感染する可能性が考えられます。

 

女性の性器クラミジアや淋病、男性の性器クラミジアはほぼ症状が現われません。

 

症状が現れない上に放置すると不妊症の原因となる可能性もあるため早期発見・早期治療が重要となります。

 

治療をすれば治る性病なら良いですが、性病の中には一度感染してしまうと完治する事のない病気も存在します。

 

そのような性病に感染しないためにもオーラルセックスを避け、する場合はコンドームをきちんと着用してから行うようにするなど対策をすることが必要となります。

 

 

 

【毛ジラミと性病の知識】不妊症を引き起こす性病

 

性病はいろいろなものがありますが、その中には、不妊症を引き起こす原因になる性病も少なくありません。

 

毛ジラミは直接毛について強いかゆみを引き起こすものですが、容易に判断をすることが出来、治療も専用のシャンプーを使用することで治療出来るので、不妊症にはなりにくい性病です。

 

毛ジラミの他にはクラミジア、淋病がありますが、これは自覚症状が軽くて気が付きにくい病気です。

 

しかし感染をすると子宮内の感染や卵管炎などを引き起こす可能性もあり、その結果不妊症を招くこともあるので注意が必要です。

 

これ以外にトリコモナス、カンジダなどでも同様に逆行感染を起こすことがあり、始めの感染では性器の症状だけだったのが、時間の経過とともに全身状態に変化して、その結果不妊症を引き起こしかねないのです。

 

またHIVになってしまうともしも妊娠をした時に、体内で母子感染をする可能性があるために、特別な治療が必要となります。

 

その危険性から不妊症ではなく、子供を持つこと自体をあきらめるという人も少なくありません。

 

このように、時には女性にとって深刻な不妊症を引き起こすものであり、感染にはコンドームなどを使用して予防に努めるとともに、注意が必要なのですね。

 

 

【毛ジラミと性病の知識】産婦人科にて性病のチェック

 

女性で性病を疑ったら、産婦人科に行くとこがほとんどです。

 

産婦人科に行くと、問診、そして、視診や内診を得て検査をして原因菌を見つけて診断をすることが出来ます。

 

性病には数多くのものがありますが、問診とそして視診、検査をして分かるものもあります。それが毛ジラミです。

 

毛ジラミは強いかゆみとその毛根に卵などが付着していることがほとんどなので、容易に判断をすることが出来ます。

 

またクラミジアやカンジダ感染症では問診と内診、そしておりものを見て判断することもできます。正確な判断は検体を調べることによってわかります。

 

またHIVではどうでしょうか。これはなかなか症状が分かりにくいものです。また症状が出てきたときには、感染から既に時間がかなりたっているということもあるのです。

 

そして確定診断は血液検査でHIVウィルスがあるかないかで判断します。病院に行って診断をされると治療が始まりますが、一旦はじまった治療は指示された通り行う方がいいです。

 

なぜなら、症状が軽くなったと思って自己判断で治療を辞めてしまうと容易に再発したり、逆に耐性が出来て長期化する恐れもあるからです。

 

産婦人科では性病のチェック、治療を確実に行いましょう。

 

 

 

【毛ジラミと性病の知識】コンドームの効果と正しい使い方

 

毛ジラミは吸血性昆虫が陰毛に寄生する事によって発症する性感染症です。毛ジラミは体長1~2㎝程で肉眼で確認する事ができます。

 

陰毛の根元にくっついている事が多く一見フケの用ですが良く見ると虫の形をしています。症状は男女共に激しいかゆみを伴います。

 

毛ジラミはあまり陰毛の根元から動かず吸血し続けます。白い下着を着用すると赤黒い点状のシミが見られます。この赤黒いシミは毛ジラミの糞尿となります。

 

感染するのは主に陰毛ですが、毛があるところならどこでも感染します。

 

陰毛の他に脇毛、胸毛、ひげ、頭髪に感染する事があります。

 

しかし、大抵は陰毛にきせいしているので感染経路は一般的に性行為によって感染する事が多い病気となります。

 

しかし、家族で入浴後に同じタオルを使用したり、毛ジラミがいる箇所と接触することによって感染する事もあります。

 

性感染症なので避妊具を着用すれば予防できると思いがちですが、陰毛の接触は避けられないのでコンドームを着用しても予防する事はありません。

 

そのため、予防法としては感染している相手とは性行為を避ける必要があります。

 

確実な治療方法は既製場所の毛を全部剃ることで寄生する事が出来なくなります。剃る事が無理な場合は薬用のシャンプーやパウダーで治療する事になります。

 

 

 

 

【毛ジラミと性病の知識】扁桃腺の炎症の原因の一つは性病です

 

扁桃腺は風邪を引いたり体調が悪い時等に炎症を起こしますが、中には性病は原因で炎症を起こす事があります。

 

クラミジアや淋病はオーラルセックスにより喉にも感染する病気です。

 

喉に感染しても風邪のような症状や喉の奥が痛む程度なので性感染症が原因だとは気が付かない事が多く放置してしまう事が多々あります。

 

喉に感染した性病はオーラルセックスだけではなくディープキスによっても感染する可能性もあります。

 

そのため、周りの人に感染させないためにもすぐに治療する必要があります。喉に感染し扁桃腺の炎症の原因となる性病はクラミジアと淋病です。

 

クラミジアも淋病も喉に感染すると喉の痛みや風邪のような症状があらわれますが、症状が長引いたり風邪の治療では症状が治まらないので長期間喉の症状が続く場合はクラミジアや淋病を疑いましょう。

 

性感染症はこのように性器だけでなく喉や扁桃腺、全身にも症状があらわれるものもあります。

 

陰毛に寄生する毛ジラミも場合によっては胸毛や脇毛などに寄生する事もあります。

 

毛ジラミは感染しているのを検査せずに肉眼で確認できますが他の病気は検査を行わないとわかりません。

 

風邪や他の病気と間違えてしまう事もあるので性感染症かもと思った場合はすぐに検査をするようにしましょう。

 

毛ジラミを駆除できるシラミ駆除剤はシラミンローションです。

 

 

【毛ジラミと性病の知識】ピンポン感染を避けるために性病はパートナーも一緒に治療しましょう

 

毛ジラミは寄生虫のケジラミが感染して起こる性病(性感染症)です。

 

根毛に付着し、1mmほどの大きさなので発見しにくく、気づいた時は毛穴に大量の卵を産んで増殖しているので自分で治すことは不可能です。陰毛に付着することが多く、陰毛以外にも、脇毛、肛門周辺などの体毛にも症状がでることがあります。

 

女性や幼児には頭髪や眉毛に発症する場合もあります。1ヶ月から2ヶ月過ぎると増殖したケジラミが吸血するので激しい痒みがではじめます。

 

毛ジラミによる痒みは治まるものではないので、症状を認識した場合は直ぐに病院へ行きましょう。

 

痒みから患部を掻き毟ることにより、湿疹や膿疱、毛嚢炎を併発する場合があります。治療法としては、陰毛をすべて剃り、薬用のパウダーやシャンプーを使用して治療するのが確実です。

 

しかし、パウダーは卵には効かないため孵化する期間を予想して、繰り返し治療する必要があります。

 

毛ジラミは吸血性なので他の性病との合併症についても検査しましょう。毛ジラミに対してはコンドームを使用しても予防はできないので、性交渉する相手が陰部に痒みを訴えている場合は目で毛ジラミの有無を確認してください。

 

大事なことは、性交渉以外でもうつるので、家族の誰かが感染したら家族全員が検査を受ける必要があります。

 

毛ジラミは風俗で感染する

 

風俗遊びが好きな好きな男性なら、一度は聞いたことがある『毛ジラミ』の問題。
しっかりした風俗店では、ちゃんと性病チェックをしている風俗嬢が仕事に出ているので、それほど頻繁に感染するような病気ではありません。
むしろ、毛ジラミの感染が怖いのは、プロの風俗嬢よりも、素人の売春婦です。
プロの風俗嬢は、定期的に性病チェックを受けているので、『検査で正常だった人』が出勤しています。
たまたまそういう検査時には性病が発見できなくて、スルーしてしまうケースもありますが、基本的には風俗というのは、『定期チェック』があるため、一定の安全性があるのです。
一方、素人の売春婦は、プロではありませんので、定期的なチェックなんかしていません!
だけど風俗嬢のように、不特定多数のお客さんを取っていますから、風俗嬢と同じくらいのリスクを背負っています。
プロと素人では、やはり危機管理能力に差が出てきます。
毛ジラミも、ちゃんとした風俗店で遊べば、滅多にはかかりません。
最近はネットの普及で、気軽に売春相手を見つけられるようになりましたが。
やはり女性遊びをするんだったら、しっかりプロの相手を選ばないと、それだけ自分にしっぺ返しが来てしまいます。

 

 

毛ジラミの活動が活発になるのはいつ?

毛ジラミって、秋冬の季節になると、流行するんですってね。
私はてっきり、毛ジラミは夏の方が多いのかなって思いました。
でも、毛ジラミは高温多湿を嫌うようです。
昔は性病の一種だと思っていましたが、実際には、子供も感染したり、誰にも可能性があると聞いて怖いなって思いました。
しかも感染部位は、陰部だけではなく、毛が生えている場所だったら、どこでも毛ジラミは発生するようですね。
中でも驚いたのは、ワキ!
頭皮や陰部は、なんとなくわかりますが、ワキなんかも毛ジラミに感染する人がいるんですね!
すごく痒みが特徴的な病気なので、ワキなんかに感染したら、それこそ人前では掻きにくい場所ですよね。
ワキはあんまり感染したりすることがないと思いましたが、やっぱり毛の生えている場所だったら、油断できませんね!
毛ジラミは大体2、3週間くらいで卵が孵化するようなので、感染してもすぐにはわからない人がほとんどだそうです。
自覚症状が出た時には、もうかなりの被害が出ている時らしいですね。
一番手っ取り早いのは、やっぱりバリカンやかみそりなどで、毛を根元から切ってしまうことのようです。
毛ジラミは根元から5ミリくらいの場所に卵を産み付けるって話ですからね。